岸田首相の年収がヤバい!日本って異常な位政治家の給料高いのかも

「岸田首相って年収いくら位貰っているんだろう…?」

 

そんな風に思ったことはありませんか?

私は一国の首相がお給料をいくらもらっているか気になったので、調べてみることにしました。

 

 

岸田首相の年収はいくら?

 

 

首相は4049万円、閣僚は2953万円、副大臣は2833万円――。政権の要職の給与は「特別職の職員の給与に関する法律」で定められている。

 

年間給与は俸給月額と地域手当、ボーナスの合計だ。首相の場合、俸給月額が月201万円、地域手当が月40万2000円、ボーナスが約1154万円(年2回の合計)で、年間給与は4000万円を超える。

 

日本の場合、首相や閣僚の多くは国会議員だ。そのため、実際に支払われるのは議員給与との差額分だけで、「二重払い」にはならない仕組みになっている。

外国に目を向けると、米国大統領が約4240万円で首相とほぼ同額となっている。

 

引用:日経新聞

 

 

首相の年収は4049万円という事で、この資料によるとアメリカの大統領と同水準という事になります。

 

 

岸田首相の年収はいくら?

 

 

これをみておかしいと思う事があると思うはずです。

 

 

給料が順調に上がっているアメリカと同じっておかしくない?

 

 

アメリカは順調に経済が成長し、国民の給料も右肩上がりです。

アメリカではスタバのスタッフ平均時給が1900円を超えたことで話題になりました。

 

 

バブル崩壊後ずっと経済が低迷し、給料が上がらない日本とは大違いです。おかしなことは、そんな低迷してい日本と、国民の給料が上がり続けているアメリカの一国のリーダーの給料が一緒だという事です。

 

 

つまり、国民の相対的な年収と比べると、日本は世界でもトップレベルに首相の給料が高い国という事になります。

 

もちろん一国のリーダーですから、年収が高くても問題ないかもしれません。しかし、政治家(国会議員)は新幹線代は無料。接待でタダで高級料理食べまくりという事を考えると、世間の年収4000万円と比べると、残る額が段違いです。

 

安倍総理は給与の半分以上を国に返納していたそうですが、岸田首相がどうかは分かりません。

しかし、国民の経済面からみると、ちょっと高すぎるんじゃないかというのが私の感想です。

 

 

岸田首相のお金問題についてネットの声

 

 

 

 

 

 

 

 

なんか例の問題の話題ばかりですね…。

みなさん疑問を持っているようです。

 

 

岸田首相の年収についてまとめ

 

個人的には今はまだマシな方だと思います。

民主党時代の超デフレ期にこの給料もらっていた民主党の首相たちは何やってんだと…(笑)

 

まあ、一国のリーダーともなるとストレスも半端ないだろうし、それくらい貰ってもいいのかな?

あなたはどうおもいますか?

 

それではさようなら。

 

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました