野原ひろしの年収がヤバい!資産はいくら?

こんにちは。

今日はアニメ『クレヨンしんちゃん』のしんのすけの父親である野原ひろしについて紹介します。何でも、野原ひろしの年収が話題になっているとの噂を耳にしたので、調べてみました。

早速行きましょう。

 

野原ひろしのプロフィール

 

 

野原ひろし
年齢 35歳
身長 180㎝
血液型 O型
出身 秋田県大曲市(現:大仙市)
学歴 大学中退
住まい 埼玉県春日部市双葉三丁目1の2
仕事 東京都の双葉商事営業2課の係長

野原ひろしの年収がヤバい!

 

 

最初に言ってしまうと、野原ひろしの年収は600万円です。意外と稼いでいますよね?

 

35歳で年収600万円なら、かなり勝ち組!かと思いきや…。

 

アニメ第94話「ひさんな給料日だゾ」では月収は手取りで30万円(額面だと約40万円程度)、年収は約600万円台であるかのように表現されており同年代の平均収入を上回っているものの、みさえやしんのすけらからは「安月給」とバカにされている。

 

 

てっきり妻のみさえからは高収入で高身長な夫として大事にされているかと思いきや…安月給を馬鹿にされている野原ひろし。35歳の平均年収を調べてみると…!

 

国税庁の調べによると35歳〜39歳男性の平均年収は

499万円

になります。

野原ひろしは650万円なのですでに150万円上回っていることになります。
調査では35歳〜39歳となっていますので、野原ひろしより年上の人もいるわけです。
150万円も上回っているということは恵まれているということになります。

アニメの中では月額30万ということなので、年収600万円ということはボーナスはかなりのもんです。
年に2回の支給だとしたら普通に100万円は超えています。

 

という事で野原ひろしの年収は、はるかに平均年収を上回っている事になりますね。これで妻や子供に「安月給」と馬鹿にされていたのではたまったものではありません!

 

野原ひろしの昇進スピード

 

 

 

スクリーンショット 2016-02-04 17.29.59

労務行政研究所より引用

 

この表を見る限りでは、係長になる年齢の標準は32.7歳となっています。
あくまでこれは制度上の年齢なので実際とは異なります。

実際の年齢の係長最年少者の平均は31.4歳となります。

野原ひろしは32歳で係長になっていますから、昇進スピードに関しては普通と言えるでしょう。

 

ネコ太郎
ネコ太郎

野原ひろしって実はすごかったんだなw

スポンサードリンク
ネコ美ちゃん
ネコ美ちゃん

ネコ太郎君とは大違いね。

ネコ太郎
ネコ太郎

…。

野原ひろしの資産は?

 

 

年収に関してはたくさん稼いでいる事が分かった野原ひろし。しかし、資産に関しては多額のローンを抱えていました。

 

クレヨンしんちゃんの連載が始まったのが平成2年(1990年)。
この年、3月に「土地関連融資の抑制(当時の大蔵省通達)」(※1)と、急激な金融引き締め策が提示されましたが、世の中はまだまだバブル。土地建物に対する評価は頂点を極めていました。

永遠の幼稚園児である、しんのすけが歩けるようになった時にすでに埼玉県春日部市にあるこの家に住んでいたという設定や、35年の住宅ローンが残り32年といった表現があることから、ひろしがこの家を購入したのはバブル期直前から初期にかけての時期ではないかと推理できます。

 

 

しかし、そのローンを残したままガス爆発でこの家を一度失いました。
「またずれ荘」というアパートに仮住まいして建て替えることとなり、加入していた火災保険金は当然質権設定(※2)をしていた金融機関に弁済。
そして再度借り換えしての建て替え。返済年数が35年にリセットされたと思われます。

(※1)バブル期の行き過ぎた不動産価格の高騰を抑えることを目的として、不動産向け融資の伸び率を総貸出の伸び率以下に抑えることを金融機関に対して指示したもの
(※2)質権設定=住宅ローンの融資では、貸付した金融機関はその建物を担保として抵当権の設定をするわけですが、その担保物件が火災などで焼失するとその担保価値がなくなります。そこで、金融機関があらかじめ保険会社の承認を得て保険金を自動的に受け取ることができるように手続きして置くことをいいます。

 

 

という事で、当時の住宅価格を考えると少なくとも3000万円以上のローンを抱えている事がわかります。という事で野原ひろしの資産は-3000万円という事にしておきます。

 

クレヨンしんちゃんの時代背景も参考にする必要がある

 

 

クレヨンしんちゃんが連載されたのはバブル崩壊直後の1990年。なので、平均年収は今よりも圧倒的に高かったのでしょう。だから野原ひろしはみさえやしんのすけから「安月給」と馬鹿にされていたのだと思います。

 

そう考えると、バブルっていい時代だったんですね(笑)

関連記事

コメント

error: Content is protected !!