藤井聡太の年収予想がヤバい!将棋(棋士)は獲得賞金が凄い【七段】

こんにちは。

今日は将棋(棋士)の藤井聡太さんについて紹介します。何でも、藤井聡太さんの年収が話題になっているとの噂を耳にしたので、調べてみました。

早速行きましょう。

 

藤井聡太さんのプロフィール

 

 

藤井 聡太 七段
名前 藤井 聡太(ふじい そうた)
生年月日 2002年7月19日(16歳)
プロ入り年月日 2016年10月1日(14歳)
棋士番号 307
出身地 愛知県瀬戸市
師匠 杉本昌隆 七段
段位 七段
戦績
一般棋戦優勝回数 1回

 

藤井聡太さんの予想年収がヤバい!

 

 

最初に言ってしまうと、藤井聡太さんの予想年収は2200万円です!藤井聡太さんは現在高校一年生。それなのにこんなに稼いでいて羨まし過ぎます(笑)

 

棋士の年収は給料と対局料と賞金、スポンサー契約の料金が合計されたものになります。

 

藤井聡太さんの棋士としての給料(給与)

 

 

意外かもしれませんが、棋士の世界でもちゃんと給料はあるのです。棋士はどこから給料をもらうかと言うと日本の将棋連盟からもらえます。

 

棋士の将棋連盟からの給料は前年度の成績により決まるそうですその給料はランク付けされています。具体的には

B1級:約50万円

B2級:約30万円

C1級:約20万円

C2級:約15万円

 

となっています。藤井聡太さんは、現在 C1級なので将棋連盟からの給料が月約20万円ということになりますね。

 

藤井聡太さんは現在高校生ですから、将棋連盟からの給料だけでサラリーマンの月収文を稼いでしまうんですね。普通の高校生がどんなにバイトを頑張っても月20万円も稼げないのではないでしょうか?

そう考えると藤井聡太さんのすごさが分かりますね 。

 

藤井聡太さんの獲得賞金

 

↑小学生の頃の藤井聡太さん

 

「私が推定するに、藤井さんの昨年の獲得賞金は1000万円に届かないくらい。日本将棋連盟は毎年、賞金ランキングの上位10名を発表していますが、10位がだいたい2000万円弱なので、朝日杯で750万円の賞金を得た藤井さんならば、今年のランキングに食い込めるかもしれません」(前出・松本氏)

 

昨年の藤井フィーバー報道で目にした読者諸兄も多かろうが、最高峰タイトルの竜王戦であれば、予選から高額な対局料が発生し、優勝賞金は4320万円にも上る。

 

「竜王戦は、開催時期の関係からランキングに賞金が反映されるのが翌年からになります。そしてランキングで1位を取るのは、ほとんどの場合、前年の竜王戦で勝利した棋士。ですので、今年は無理でも、来年の“賞金王”獲得は、決して夢物語ではないと思います」(将棋連盟関係者)

タイトル獲得どころか、史上初の「高校生賞金王」まで見えてきたところで、「藤井バブル」がもたらす経済効果にも触れておこう。

スポンサードリンク

 

日本将棋連盟は、朝日杯の羽生戦の「記念将棋盤」と駒のセットを、藤井・羽生両者の直筆サイン入りで販売。150万円という高額商品にもかかわらず、広報担当者によれば、

「インターネットの公式ショップで発売後即日完売でした。今回の優勝・昇段を受けて、新しい藤井グッズの発売も検討中です」との事だ。

 

 

高額な優勝賞金が設定されていても優勝出来なければ、その高額の賞金を手にする事は出来ません。藤井聡太さんの優勝経験はまだ1回。これからもっと実力を付けていけば、その高額の賞金をものに出来るかもしれませんね。

 

 

また、150万円の「記念将棋盤」と駒のセットの売り上げは藤井聡太さんの懐には入って来ないと思われます。全ての利益は将棋連盟が持って行ってしまうでしょうね。

 

藤井聡太さんの将棋の対局料

 

 

藤井五段の獲得賞金・対局料はランク外で、公表されていない。藤井五段が今期在籍した順位戦で最下クラスのC級2組の対局料は全般的に低い。

 

リーグ戦や決勝トーナメントに進出しないと、対局料の単価は上がらないシステムになっている。藤井五段の17年の対局数は64局とかなり多かったが、大半の対局が予選だったため、公式戦の賞金・対局料は700万円ぐらいではないかと、私は過去の経験から推定している。

 

とはいえ、一般の会社員の年収に相当する額だ。18年には、さらなる活躍によって1000万円の大台を超すことは間違いない。

 

対局料だけで1000万円を超すという事で、凄過ぎますよね。大人だって年収1000万円を稼ぐのはごくわずかだというのに…(笑)

 

藤井聡太さんのスポンサー収入

 

 

史上最年少の7段となった藤井聡太さんには多くのスポンサー契約の話が舞い込んでくると思います。現在はいったいどうなっているのでしょうか?

 

29連勝の段階でもCMのオファーが殺到していたようです。連盟やご家族の方、藤井さん本人も「今は将棋に集中する時期だから」という考えで一致しており軒並み依頼を断っていたそうです。

 

藤井さんの商品価値は当時よりもさらに劇的に上がっているので、高校生になってCM解禁ということになればスポンサー契約は最低でも1本2000万円といくのではないかと予想されております。

 

竜王戦と合わせてCM3本で年収1億はいくのではと予想しております。

目の前に大金があるのに飛びつかないとは…!

藤井聡太さん。大物になりますな(笑)

 

藤井聡太さんの年収は2017年の時点で1000万円を超えていた

 

 

なんと、藤井聡太さんは2017年の時点で年収1000万円を超えていたそうです。その時はまだ中学生ですからね。大人より稼ぐ中学生…末恐ろしいです(笑)

 

藤井聡太さんが番組出演した時のギャラは?

 

 

藤井聡太さんは現在CMや番組出演を断っていますが、もしCMと番組出演を解禁したら、それだけで年収が1億円を余裕で超えてくるでしょうね。それだけ藤井聡太さんが注目されているという事です。

 

まあ、今は大事な時ですから、将棋に集中して立派な棋士になって欲しいですね!期待してます!

関連記事

コメント

error: Content is protected !!