内田裕也の年収がヤバい!そっくりな鳥の種類・名前を教えて!

こんにちは。

今日は伝説のロックミュージシャン・内田裕也さんについて紹介します。何でも、内田裕也さんの年収が話題になっているとの噂を耳にしたので、調べてみました。

早速行きましょう。

 

内田裕也さんのプロフィール

 

 

内田裕也(うちだ ゆうや)
生誕 1939年11月17日(78歳)
出身地 兵庫県西宮市
身長 174㎝
血液型 B型
ジャンル ロック
ロカビリー
職業 歌手
音楽プロデューサー
担当楽器 ボーカル
活動期間 1959年 –

 

内田裕也さんの年収がヤバい!

 

 

最初に言ってしまうと、内田裕也さんの推定年収は1500万円です。

 

正直言うと、内田裕也さんのロックミュージシャンとしての売り上げは大したことはなく、日本でロックを浸透させた先駆者としての先行者利益がほとんどです。内田裕也さんがロックを始めた1950年代はロックという言葉すら浸透していませんでした。

 

そんな日本にロックを浸透させたのが内田裕也さん。そして、早々に裏方にまわってプロデューサーとして日本のロックを支えて来ました。

 

 

今は一般的になった野外音楽フェスを浸透させたのも内田裕也さんです。そういった事を考えると、内田裕也さんの功績は素晴らしいですよね。

 

しかし、現在はほとんど収入源がなく、たまに来るテレビの出演やインタビュー、CM撮影などが現在の内田裕也さんの生活を支えています。

 

 

しかし、内田家は芸能一家の金持ちです。今は他界してしまった樹木希林さんは売れっ子女優でしたし、婿養子の本木雅弘さんもバリバリ稼いでいます。

スポンサードリンク

 

そう言った事を考えると、内田裕也さんの暮らしは保証されていますね。

 

実際に出演した某ミュージシャンは「内田さんは紳士的でよく冗談も言っていた。怒鳴ったりすることもなかった」と話す。そうした人情味ある人柄からか、大手レコードメーカーの幹部クラスがこっそりと内田を援助することもあったという。

「内田が芸能界に広い人脈を持っていることもあり、レコード会社のトップを交えてしばしば銀座あたりで会食する姿がありました。日本レコード協会会長を務めたI氏あたりとは特に仲が良く、金銭面を含めていろいろと相談していたようですね」(レコード会社関係者)

 

こういった話もあるように、内田裕也さんには援助してくれる大物もいたようです。

 

内田裕也さんに似ている鳥の種類と名前は?

 

 

この内田裕也さん似の鳥の種類は、タカ目タカ科エジプトハゲワシ属に分類される鳥類で、名前はエジプトハゲワシと言います。

 

形態
全長65cm。全身が白い体羽で覆われる。

眼や嘴の周囲、喉には羽毛がなく黄色い皮膚が露出している。後頭部から頚部にかけて、冠羽や襟巻き状の羽毛が発達する。

幼体の羽毛は褐色だが、成長に伴い白くなる。

 

 

 

生態
サバンナや砂漠、農耕地、民家近くにも生息する。

食性は動物食で、動物の死骸等を食べる。本種は小型種のためか他の動物が食べ終わった後に残った肉片をついばむことが多い。 本種は石を使いダチョウの卵を割る、という道具を使う鳥類として知られている。石は咥えて卵に叩きつけるか、上空から石を卵へ目掛けて落とす。上手く割れない場合は石を変える。小さい卵は掴んだ後に上空から落としたり、石に叩きつけて割る。

繁殖形態は卵生。断崖の岩棚等に巣を作る。

 

人間との関係
古代エジプトでは神や神の使者として崇められ(ネクベト、ムト等)、神殿で飼育された。

 

千葉県の千葉市動物園にいるので、見たい方は是非どうぞ。

⇩⇩⇩

関連記事

コメント

error: Content is protected !!