白井健三の年俸(年収)がヤバい!メダルの獲得金額はなんと…!

こんにちは。

今日は日本体操界のエースであり、オリンピックで活躍間違いなしの白井健三さんについて紹介します。何でも、白井健三選手の年俸(年収)が話題になっているとの噂を耳にしたので、調べてみました。

早速行きましょう。

 

スポンサーリンク

白井健三選手のプロフィール

 

 

白井 健三 
フルネーム しらい けんぞう
愛称 ツイストマスター
国籍 日本
生年月日 1996年8月24日
生誕地 神奈川県横浜市
身長 163cm
体重 54kg
種目 体操
得意種目 ゆか,跳馬
代表 日本の旗 日本
所属 日本体育大学
練習場 日本体育大学

 

白井健三選手の年俸(年収)がヤバい!

 

 

最初に言ってしまうと、白井健三選手の推定年俸(年収)は1500万円です。

その内訳を見ていきましょう。

 

白井健三選手は日本体育大学の学生でもあり、『株式会社サニーサイドアップ』がスポンサーについていて、会社員でもあります。スポーツ選手がスポンサーでついてもらっている会社からの給料は基本的に高給です。白井健三選手の場合、まだ若いですが『株式会社サニーサイドアップ』から年収で500万円は貰っているでしょう。

 

それに加えて、白井健三選手はCMにも出演しています。現在だと『アクエリアス』のCMに出演しています。そこからの収入で、少なくとも1000万円は貰っているはずです。

 

という事で、合計で1500万円。という内訳です。

 

体操の先輩である内村航平選手の年俸(年収)がなんと1億円ですから、まだまだ上を目指して頑張って欲しいですね。

 

内村航平の年収がヤバい!嫁はなんと…!
こんにちは。 今日は体操選手の内村航平さんについて紹介します。何でも、内村航平さんの年収が話題になっているとの噂を耳にしたので、調べてみました。 早速行きましょう。 内村航平さんのプロフィール

 

堅実な白井健三選手のお金の使い方

 

 

1日で120万円を手に入れた事もある!大学生はお金がかかるので貯める
白井健三選手の年収が話題になったのは、2013年12月の「豊田国際競技会」が最初です。当日、白井健三選手は、演技前に中日体育賞の贈呈式に臨んでいます。中日体育賞とは、優れたアマチュア選手に贈られるもので、副賞として100万円が贈られました。

表彰状、トロフィーが贈呈されると、「副賞100万円の目録です」というアナウンスが流れ、観客席はざわめきました。

しかし、白井健三選手は、表情を変えませんでした。贈呈式の後に演技が行われましたが、白井健三選手は、床運動の演技をほぼ完璧に決め、優勝賞金20万円も手にしています。1日で計120万円を手にした白井健三選手は、「大学生はお金がかかるから貯めます」と語っていました。

 

オリンピックでメダルを獲得したら報奨金は幾ら貰えるのか?
オリンピックに出場してメダルを獲得した場合は、日本オリンピック委員会から支給されるメダル報奨金と、各競技団体から出されるメダル報奨金があります。競技によっては、独自のメダル報奨金を用意していない事もありますが、体操についてはメダル報奨金があります。

※金メダル→50万円
※銀メダル→30万円
※銅メダル→20万円

日本オリンピック委員会から支給されるメダル報奨金の金額は、2016年のリオ・オリンピックから金メダルが値上げされています。銀メダルと銅メダルについては変更なしです。

※金メダル→500万円(リオ五輪以前は300万円)
※銀メダル→200万円
※銅メダル→100万円

オリンピックメダル報奨金は、2020年の東京・オリンピックではさらに金額が上がると言われています。

ちょうど白井健三選手の選手としてのピークが東京オリンピックに来ますから、怪我などせずに実力を発揮してほしいですね。

 

メダルの獲得金額は課税対象になるの?

 

 

オリンピックのメダル報奨金は今は課税対象にならない!昔は課税対象だった
賞金などは、所得税法上「一時所得」に分類されます。そして、課税対象になります。オリンピックのメダル報奨金も、以前は課税対象でした。

しかし、平成6年(1994年)に新たな法律が作られました。「租税特別措置法第41条の8第1項」です。この法律によって、日本オリンピック委員会から交付されるメダル報奨金で、財務大臣が指定するものについては、所得税を課さない事になりました。

法律が見直されたきっかけは、平成4年(1992年)のバルセロナ・オリンピックで金メダルを獲得した、岩崎恭子選手の報奨金に所得税が課税された事です。

なお、各競技団体からの報奨金についても、平成24年(2012年)のロンドン・オリンピックから非課税対応が始まっています。

 

課税されない方が良いですよね。日々あんなに頑張っているんだから、ちょっとくらい報われないと、可愛そうですよ。

 

ところで、「毎月あと五万円稼げたらなぁ…。」

って思いませんか?

 

会社は副業禁止だし、アルバイトなんてやっている時間はないし…!

でもお小遣いは欲しい。

 

そうですよね?

 

だったらこれで無料でちゃっちゃと稼いで、焼肉でも食べ行きませんか?

上司に「あなたの10倍稼いでます」って言えますか?(笑)
あなたは自分の上司に、 「あなたの10倍くらいは、 余裕で稼いでますよ(笑)」 って、面と向かって言えますか? 普通に考えたら、 そんなこと無理ですよね(笑) え?そんな状況がそもそもない? いえいえ、実は

 

スポンサードリンク

コメント

error: Content is protected !!