結婚するには年収(収入)が○万円必要!女性が求めるのはなんと…!

こんにちは。今日は『結婚するのに必要な年収(収入)』について紹介したいと思います。「これから結婚したい。もしくは結婚しているけど、お金の面が気になる」という方にお役に立てればと思います。

 

結婚するのに必要な年収(収入)

 

 

結婚するのには年収がいくら必要なんでしょうか?これは夫婦共働きでやっていくのか、それとも旦那さん、もしくは奥さん一人が働くのかで違います。そして子供が何人いるかで違ってきます。

 

なので共働きのパターンとどちらか一人が働くパターンの両方説明していきます。

 

共働きの場合に必要な年収

 

 

最初に結論から言ってしまうと、共働きの場合二人での合計の年収が600万円あればOKです。

 

旦那さんが400万円、奥さんが200万円でもいいですし、二人とも300万円でもいいです。何故年収600万円必要なんでしょうか?

 

一番かかるといわれているのが、マイホームを持つことです。
だいたい一般的家庭で2000万~3000万円と言われているようです。
その他教育費が、幼稚園から大学までで
・公立で500万
・私立で1700万(幼稚園から高校まで)
大学は、
・公立が600万
・私立が750万

位と言われてます。

 

上記から算出すると、
公立の場合は3100万円(2000万+500万+600万)
私立の場合は、4450万円(2000万+1700万円+750万円)
最低でも上記の金額がかかります。

スポンサードリンク

上記合計額を子供が卒業する20年で割ってみると
3100万÷20年=155万円
4450万円÷20年=222.5万円

子供が卒業するまでに必要な最低年収は 150万~250万ぐらいの間で足りる事になります。
マイホーム代などを省き賃貸にすれば年収100万円ぐらいでもいけるようですね。

しかし、上記の年収は、衣食や娯楽費、塾代などすべてを省いて計算した結果となっています。

最低限の上記の費用を参考に計算してみると
衣食:年間30万円(一着1万円のものを月に1着買う計算)
娯楽費:年間36万円
塾代:年80万円

 

 

となります。子供がいる、いないで大分変ってきますね。マイホームにせずに賃貸にすると安くあがりますが、老人は家で亡くなる可能性が高いので、大家さんからすれば事故物件扱いになってしまう事から大家さんから住むことを拒否されて「老後賃貸が借りれない」という事態になる事もあります。

 

旦那さんが仕事をして、奥さんが専業主婦をする場合

 

 

旦那さんが仕事をして、奥さんが専業主婦をする場合は旦那さんの年収が600万円必要という事になりますね。

 

しかし、もし今旦那さんが30代だとしたら、年収は400万円ほどで構いません。何故かというと、基本的に長く働いていけば年収は上がっていくからです。なので、旦那さんがクビになったり、退職されてしまうと大変になってしまいます。

 

その為にも、奥さんは子育ての合間でも良いので外に働きに出たりして、少しでも貯金を増やしておくといいでしょう。

 

⇩⇩⇩

関連記事

コメント

error: Content is protected !!