理容師(床屋さん)の年収はいくら?独立して自営業になると高収入?

こんにちは。今日は理容師(床屋さん)の年収について紹介したいと思います。

 

理容師の年収はいくら?

 

 

理容師の平均年収は250万円~350万円です。サラリーマンの平均年収が400万円なので、一般の仕事の中でも若干低めという事になるでしょう。

 

しかし、自分のお店を開業して上手くいけば、年収1000万円も夢ではないです。ではどうしたら上手く行くでしょうか?そこまでの経緯をまとめました。

 

スポンサーリンク

理容師の下積み時代

 

 

理容師の下積み(アシスタント、見習い)時代は平均で2~3年が平均です。スタイリスト(技術者)になるまで、お店の方針や理容師を目指す貴方の頑張りで変わりますが、短い人で半年、長い人では5年かかる人もいます。

 

効率良く技術を覚えるなら

 

 

本気で理容師をやっていく覚悟があるなら、最初に就職するお店は個人店ではなくてチェーン店もしくは大型店にするといいでしょう。理由は大型店になればなるほど「教育体制がしっかりとしている」からです。

 

個人店になると、オーナー理容師や数名の先輩の技術しか学べなくて、しかも「見て覚えろ」という効率の悪い方法で技術を学ばなくてはなりません。しかも給料があり得ない程に低いなんて事も珍しくはないのです。

 

それに比べて、大型店もしくはチェーン店は教育体制がしっかりとしていて、カリキュラムがしっかりとしている所がほとんどです。お客様もたくさん来るので、その分たくさん実践で技術を積むことが出来るので効率良く技術を習得できるんですね。

 

アシスタント(下積み)時代のお給料は15万円前後が相場です。しかし、個人店になるとお小遣い程度しか貰えないなんて事も本当にあります(笑)

 

スタイリスト(技術者)になって稼ぐ

 

 

無事スタイリスト(技術者)デビューしたらとにかくたくさん入客出来るような、忙しいお店で働く事をお勧めします。理容師は実践、現場で育つのです。忙しいお店で働く事で技術が向上することはもちろん、技術スピードが上がりますし、忙しい時にどう振る舞えばいいか分かってくるでしょう。

 

そして何と言っても忙しいお店はお給料が高めに設定してある所がほとんどです。これは嬉しいですよね(笑)。お給料は忙しい店だと28万円~35万円貰えます。ボーナスは貰えませんが、それでも中々のお給料ですよね。

しかし、「お給料が貰えたから飲みに行こう!」なんて散財はせずに、将来は独立も視野に入れてしっかりと貯金していきましょう。

 

独立(開業)して稼ぐ

 

 

さあ、晴れて独立開業!遂に自分の城を持つ訳ですが、注意点がいくつかあります。現在理美容業界は過当競争。出店場所にも注意しましょう。個人店としてやっていくなら、チェーン店の近くに出店してはダメです。到底かないません。

 

「自分は今までチェーン店の店長でやって来て、指名のお客様もたくさんいるから大丈夫。」なんていう声も聞こえて来そうですが、私はそうやって失敗してきた人を何人も見て来ました。

 

最初は自分のお店に来てくれたけど、お客様に飽きられたり、仕上がりに不満があったりでチェーン店に負けてしまう事例はたくさんあるのです。

 

成功のコツは、「貴方のお店に来る理由」がある事

 

 

ただ何となく出店してはダメです。場所を決める際に「その場所に出店する理由」が明確でないとダメです。その理由はよく考えてみて下さい。

 

このエリアは人工の割に床屋の数が少ない、病院が近くて病院通いの人がついでに寄ってくれる。もしくは割と元気な入院患者が切りに来てくれる。など、考えれば何かしら出てくれるでしょう。

 

一度軌道に乗ってしまえば、こちらのもの。年収1000万円~2000万円も十分可能でしょう。

 

理美容師は身一つで稼げる魅力的な仕事です。よく「将来、人間の仕事ははAI(人工知能)に持っていかれてしまう。」なんてニュースを見かけますが、理美容師の仕事がAI(人工知能)に持っていかれる事はないでしょうから、大いに目指して欲しいですね。

 

ところで、「毎月あと五万円稼げたらなぁ…。」

って思いませんか?

 

会社は副業禁止だし、アルバイトなんてやっている時間はないし…!

でもお小遣いは欲しい。

 

そうですよね?

 

だったらこれで無料でちゃっちゃと稼いで、焼肉でも食べ行きませんか?

上司に「あなたの10倍稼いでます」って言えますか?(笑)
あなたは自分の上司に、 「あなたの10倍くらいは、 余裕で稼いでますよ(笑)」 って、面と向かって言えますか? 普通に考えたら、 そんなこと無理ですよね(笑) え?そんな状況がそもそもない? いえいえ、実は
スポンサードリンク

コメント

error: Content is protected !!