意外と知らない?正しいブロー(乾かし方)のやり方を伝授するyo!!

どうも、こんにちは。

髪ペキ兄さんです。

髪ペキ兄さんは現役バリバリの美容師スタイリストです。

こんな髪ペキ兄さんでもひよっこアシスタント時代がありました。

そんな髪ペキ兄さんはアシスタント時代から、先輩たちから

「髪ペキ兄さんはブローが上手い。」

「ブローといえば髪ペキ兄さん。」

「あいつがうまく乾かせないのは、ホラー映画リングの貞子だけだ。」

とブイブイ言わせてきました。

そんな髪ペキ兄さんが今宵(今昼間だけど)

誰でもカッコよく&可愛く!そして簡単に!出来るブローテクニックを伝授したいと思います。

髪ペキ兄さん「このブローテクニックは一子相伝!教えることはできぬ。盗め!(北斗の拳のラオウ風)」

おふざけはこの辺にして、早速いってみましょう(*´▽`*)

 

そもそもだけど…

髪、ちゃんと乾かしてる?

これを見てるあなたは、髪を「完全に」乾かしてますか?

え!?いつも半乾き!?

テキトー!?

そもそも全く乾かしてない!?

 

なんと!!

こりゃ髪ペキ兄さんが何とかしなくては!!

スポンサーリンク

なんで髪を乾かさないといけないの?

それはですね。理由が色々あるので順を追って説明いていくんでソワール( ゚Д゚)

 

頭皮に雑菌が増殖(-.-)

頭皮が濡れたままほっとくと、雑菌がわきます。

それが臭いや、痒みの元になったりするのです!

 

髪が痛む

「え、むしろドライヤーの熱がいけないんじゃないの?」

思った方もいるかも知れません。

甘い!!(何が?)

皆さんキューティクルって聞いたことがあると思います。

キューティクルといのはうろこ状の形をしていて、髪を鎧のように守ってくれてる頼もしいやつなのです( ゚Д゚)

曲で例えると、スマップの「らいおんハート」ですね。(分かりづらい)

そんな「君をまもーるたーめ。そのために生まれてーきたんだ。」

なキューティクルも、濡れてると柔らかくなって広がってしまうのです。

そんな状態で放置したらどうでしょう。

髪の中の大事な水分や栄養分が抜けてしまい、パサパサに…。

そしてその状態で寝て、枕の摩擦にやられたら…。

アワワワワ…( ゚Д゚)

 

寝癖が付きやすい

後でもう一度説明しますが、髪は「乾いて熱が冷めた時に形が決まる」のです。

もし濡れたまま寝たら…。

そりゃ寝癖も付きますよね。

 

乾かし方(女性編)

最初に言っておきますが、髪型のセットは9割ブロー決まります。

これテストに出ます。(出ません)

あとからスタイリング剤をつけてもうまくいかないし、長持ちしません。

よく、「美容院だと綺麗にセット出来るのに、自分だとうまくいかない」

というのは、大体ブローの差なのです。

では早速いきましょう。

 

①髪が濡れてる状態でオイル、もしくはクリームを毛先につける。

乾いてからじゃあんまり意味がありません。髪がギトギトになるだけです。

少量つければオッケーです。

保湿と、ドライヤーの熱から守ってくれます。

②髪を9割乾かす

美容師でも7割乾いた位でブラシを使い始める人がいますが、あれは意味ないです。

時間の無駄。

とにかく9割乾かしてください。

ドライヤーも2,30㎝離れてれば何でもいいです。

 

③上から風を当てる

コツはハチ周りに風を当てるのがコツです。

その時、手ぐしで撫でながら風を当てるとGOOD!!

④ブラシを入れて内巻きに

この時も上から風を当てながらブラシを入れてくださいね。

⑤上から冷風を当てる

さっきも言いましたが、髪は乾いて熱が冷めたときに形が決まります。

せっかく頑張って乾かしたんだから、長持ちするように上からドライヤーの「冷風モードで」熱を当てましょう。

冷風モードは扇風機代わりではないのです!w

僕は美容師になるまで扇風機代わりに使ってました(小声)

 

いかがでしょうか?

これが乾かし方のコツ(女性編)です。

続いて

乾かし方のコツ(男性編)

女性編でも説明した通り、乾かし方で髪型の9割決まります。

スタイリング剤(ワックスやスプレー)をどんなに駆使しても、ブローが出来ていないとなんの意味もありません。

コツとしては「立たせたいところは根元から起こすように風を当て、抑えたいところは抑えながら風を当てる」です。

スタイリング剤をつけなくてもいいくらいにブローを頑張ってみてください。

きっとスタイリングが上手くいきますよ。

スタイリングする際は必ず髪を濡らしてからブローしてください。

ブローとスタイリングはセットです。

約束ですよ。

 

以上、現役美容師髪ペキ兄さんのブローのコツでした。

 

関連記事

コメント

error: Content is protected !!