意外と知らない!髪の洗い方!現役美容師がこっそり教えるよ。

スポンサーリンク

初めまして。今も現役美容師として活躍している。髪ペキ兄さんです。

なんで髪ペキなの?と思う人もいるでしょう。

由来は「髪のことを何でも完璧に解決してしまう兄さん。」を略して髪ペキ兄さんです。

 

もしこれを読んでるあなたがお笑いコンビ、バナナマンのファンなら気づいてるかもしれませんね。

そう、バナナマンのラジオ「バナナムーンゴールド」のコーナー、『音楽のことなら何でも解決!ヒムペキ兄さん!』をもじってます(*´ω`*)

 

僕はバナナマンの熱烈なファンで、ラジオにもメールを何度か送ってますが、一度も読まれたことがありませんw

髪の洗い方

 

そんなことはさておき、早速今回のテーマについてやっていきましょう。

今回のテーマはずばり、「髪の洗い方」です!

このブログを見ているあなた、正しい髪の洗い方を知っていますか?

 

なんと!知らない?

なんとなく洗っていた?

そもそも関心がない!?

こりゃあ、髪ペキ兄さんがなんとかしなくては!!

 

スポンサーリンク

まず、世間の皆さんがどんなふうに髪を洗っているのか調べてみました。

 

まずは女性のお客様(ロングヘア)

 

髪ペキ兄さん「普段どんな風に髪を洗っていますか?」

お客様「洗い方?んー…。洗うときは髪を髪同士でこすり合わせて洗ってるかなぁ。で、トリートメントは洗い流さないよ。」

髪ペキ兄さん「…。」

 

続いていきましょう。次は髪の短い黒髪の男性

 

髪ペキ兄さん「普段どんな風に髪を洗っていますか?」

男性「洗って、トリートメントつけたら軽く流すかな。」

髪ペキ兄さん「すすぎには、そのくらい時間をかけてますか?」

男性「すすぎ?数秒かなあ?」

髪ペキ兄さん「…。」

 

これを読んでるあなたは、間違いに気づきましたか?

早速正しい知識を書いていきます!チェキラ!( ゚Д゚)

 

正しいシャンプー

 

①髪が長い方は櫛でとかす。

こうすることで髪が絡まるのを防ぎ、頭皮の汚れも浮き出てきてくれます。

ただし、力強くガリガリとかすのはNGです。

頭皮が傷付いちゃいますからね。

 

②ぬるま湯でしっかりと濡らす。

熱すぎるのはだめです。

頭皮が乾燥してしまったり、逆に皮脂が過剰に出て、頭皮が油っぽくなっちゃいます。

実はこのすすぎがしっかりと出来ていれば髪、頭皮の汚れの70%が落ちるのです。

そのあとのシャンプーも少量で済むし、メリットしかありません!

「すすぎを制する者はシャンプーを制す。」

と言っても過言ではないのです(‘ω’)ノ

 

③シャンプーするときは指の腹で

 

皆さん爪先でガリガリかくように頭皮をこすっていませんか?

それだと、頭皮を傷つけてしまうので絶対にNGです。

正しいシャンプーのやり方は、まずシャンプーを1プッシュ(髪の長い人は2プッシュ)手に取ってよく泡立てます。

 

そしたら頭皮にそのシャンプーをつけて、指の腹で頭皮を洗います。

こするより、揉むようにして洗うとより一層いい具合に頭皮の汚れが取れます。

特に、髪の長い方は髪の毛同士をこすりながら洗うという人もいるかもしれませんが、これは髪が痛むので絶対NGです。

 

髪の汚れは、頭皮を洗う時に自然と一緒に落ちるので大丈夫です。

スタイリング剤をつけてる方は二度洗いしましょう。

一度目は軽く、二度目はしっかりと洗いましょう。

 

④すすぎ

 

すすぎが一番大切です。

なんとフケ、痒みなどの頭皮のトラブルはすすぎが足りない事が原因なことが多いのです。

僕はお客様にはすすぎは絶対しっかりとやりましょう。と説明しています。

 

想像してみてください。

シャンプーの多くは石油から出来ています。

石油を頭に塗たっくて放置したら…そりゃあ頭皮にトラブルが起きますよね。

シャンプーした時間の二倍すすぎに時間をかけて下さい。

特にテクニックとかは要りません。

 

シャワーのノズルでまんべんなくでいいので。

すすぎだけはしっかりです。

お願いしますよ。

 

⑤トリートメント

これは基本的に女性の方だけで大丈夫です。

男性はカラーもしくはパーマをしている方のみで結構です。

 

①トリートメント剤を毛先に少量つける。

②しっかりとすすぐ。

これだけです。

トリートメントによってはつけてから少し時間を放置しましょう。というものがあるので、そういうのは1,2分おいて流せばOKです。

トリートメントのすすぎが大事です。

 

すすがずにお風呂から出るなんてもってのほかです。トリートメントも多くは石油から出来ています。

「せっかくつけたトリートメントを流してしまうなんて勿体無い。」

って思うかもしれませんが、安心してください。流しても髪の毛についた栄養はしっかり残っています。少し毛先にトリートメントが残っているかな?くらいにすすげばオッケーです。

 

以上。これが正しシャンプーのやり方です。実践出来そうですか?

分からないことがあればコメントを下さい。

次回は正しいドライヤー(ブロー)のやり方です。

お楽しみに。

 

 

 

 

 

コメント

error: Content is protected !!